株主優待制度

先進医療

よく耳にする先進医療。これさえつけておけばどんな高額な医療行為でも心配なく受けられるのかと思ったら大誤算・・・!保険で損しないシリーズ、こんなFPはイヤだ※先進医療編


★先進医療ってなに?を知るために★
保険ナビ 自宅で無料の保険相談をする

先進医療は、最先端の医療ではありません!

先進医療 は 最先端の医療。そんなふうに私は勘違いしていました。

だから、ガンや脳こうそくなんかの難しい病気にかかったときに、
保険のきかない高度で高価な医療でしか助からなくなるようなケースでも
先進医療特約 をつけていれば費用の心配をする必要がない と思っていました。

それは大きな間違いでした。 先進医療と自由診療は、違います。

先進医療特約で保険金給付の対象になるには以下の条件があります。

  • 厚生労働省の認定した症状であること。
  • 厚生労働省の認定した医療技術であること。
  • 厚生労働省の認定した医療機関で治療を受けること。

一例をあげます。

先進医療として認定されているがんの治療のひとつ、重粒子線治療  は、10億円ほどの医療機器を使った医療で、約300万円の治療費と入院費・検査費が必要です。現段階では健康保険の適応外です。


がん細胞だけを狙い撃ちにするので正常な細胞へのダメージが少なく、副作用が少ない治療法として注目されています。

でも、この治療はすべてのがんで使えるものではありません。

固形ガンで広範囲の転移がなく、
厚生労働省の指定した3つの病院でしか治療できません

※平成25年4月現在で千葉県 独立行政法人放射線医学総合研究所・重粒子医科学センター病院、兵庫県 兵庫県立粒子線医療センター、群馬県 国立大学法人群馬大学医学部附属病院

平成23年度の厚生労働省の統計で、一年間に873の実施例 があります。

平成20年の厚生労働省の調査では、継続的なガン治療を受けている人は全国で152万人 です。

実際に治療をうける人がかなり少ないということがわかりますよね。

保険無料相談・・・こんなFPはイヤだ!!

わずか100円ですよといわれたら要注意

重粒子線治療に限らず、
先進医療はこの技術を使って治療してもらうためにはかなり高いハードルがあるみたいです。

また、先進医療はもともと、「この治療は効果が十分あるだろうか?健康保険の対象にするべきかどうか?」を検討するために考えられているので、広く普及させるべきだ判断されたら保険適応になることも十分考えられます。

なので、先進医療特約はつけておいたほうが無難(月100円程度だし)ではあるけれども、
これがないからといってわざわざ保険全体を見直す必要がでてくるほどでもなさそうだ、ということがわかります。

だから、先進医療のことについて尋ねたときに、ろくな説明もせずに

あったほうがいいっスよ〜やっぱり何かあったとき不安ですからネ、
月額100円ですから

などとあっさり言うFPさんは、今なら「え?」と思います。

わたしはコマーシャルに惑わされて、自分の保険に先進医療がついていないから「保険見直しをしたいんです」と、保険無料相談を利用しました。

3箇所で無料相談を受けましたが、一人だけきちんと先進医療のことを説明してくれたFPさんがいました(仮にAさんとします。ちなみに保険マンモスから派遣されてきました)

(あとの二人は、先進医療つけられる最新の保険に見直したらどうでしょう。月額100円です という説明でした)

FP、Aさんは利用頻度の著しく少ない保険をつけるかどうかたずねたわたしに、

そこは悩みどころではありませんよ

と説明し、先進医療はこういうことだと話してくれました。

保険を選ぶ時は

先進医療特約が必要かどうか よりも先に、
今入っている保険の棚卸しと
万一のときに自分が用意できるお金の計算をするべし!

ということでした。

保険ナビ 自宅で無料の保険相談をする

自宅でゆっくり保険相談:保険マンモス

保険マンモス 自宅やファミレスなど、都合のいい場所にFPさんを派遣してくれるサービスです。相談はもちろん無料です。わたしは3か所利用しましたが個人的には ここのFPさんの話が一番わかりやすかった です。保険のいいところ、悪いところ、うちの家族にどのタイミングでお金が一番かかりそうか、ムダだと思われるのはどこか・・・
結局、このFPさんと話をしたから、今の保険でムダがないということが理解できた と思ってます。今回は契約しませんでしたがイヤな顔はされませんでした。今後別の保険を検討するときにも是非相談したいと思い名刺は大事にしています。

全国に160店舗。近所にもきっとある みつばち保険ファーム

みつばち保険ファーム

ショッピングセンターでよくみかけます。黄色いハチが目印のかわいい相談ショップで気軽に立ち寄れます。

一度、買い物の帰りに寄りました。保険証券も何も持っていなかったし予約の人優先でしたが、少しだけ話をしてくれました。

やはり予約したうえで証券を持参してゆっくり話をしたほうがいいということでした。

目の前で提案書を並べて比較するのが最もわかりやすいからと、提案書をたくさんならべて最新の保険について色々教えていただきました。もちろん無理な勧誘はありません。

自宅近くの保険相談ショップをさがす 保険ナビ

保険ナビ

イザさがそうとすると保険相談ショップってどこにあるのかわからないもの。保険ナビは近くの保険ショップをさがせるサイトです。

ここから予約をすると、電話がかかってきて近くのお店を紹介してくれます。

わたしは保険見直し本舗を紹介してもらいました。

こんなところにもあったのか〜と思いました。よくいくショッピングセンターだけど足を踏み入れない場所ってあるんですね(^^)

ちなみにFPさんはベテランっぽい方でした。もっとも支払金額の少ない保険はどれ?ということについて詳しく話をききました。

保険のことを勉強するつもりで無料相談を利用する

一般人であるワタシは、保険のことはコマーシャルや雑誌記事でしか知りませんでした。以前から保険に加入していますが、その時の説明もなんだかハッキリわからないまま加入してました。

だから、保険の見直しは、自分ひとりではできなかったので、無料相談ショップを利用しました。

最終的には3か所の無料相談に行き、3人のFPさんに話をききました。

本やインターネットでも調べました。

色々な意見を聞きましたが、最終的には見直しをしないで今入っている保険に継続して加入し続けることにしました。

ですから、3か所のFPさんには、せっかく提案していただいたのに契約しませんでした。

無料保険相談はボランティアでやってるわけじゃありません。
保険を販売した手数料で運営されているんだから、売りたい保険(手数料の高い保険)があるわけです。
※よーく考えて御覧。保険会社も、FPさんたちもいい給料もらってるでしょ。。。わたしが相談したFPさんの一人は高級外車で我が家に登場したよ。※

だけど、だからといって 保険相談を利用しないのはもったいない
なんといっても無料で保険のこと聞けるんだから
勧誘を心配する人もいるけれど、どんな商品買うときだって勧誘(というか、おすすめ商品)は絶対あるはず。

しつこい勧誘はしないルールになっているし、わたしたち消費者だって、

勧誘がしつこそうでぇ・・・

なんて モジモジしている場合じゃないですよ

色々説明をきき、自分でも勉強して必要ないと思ったらハッキリと 「今回は見送ります」 とか、 「他で決めました」 と言えばいいのです。 保険って、自分の体調が万全のとき(健康診断で何の指摘もうけていないとき)が最も有利な条件で加入できます。先送りにはしないほうが無難です。

保険ナビ 自宅で無料の保険相談をする

ライフネット生命のじぶんへの保険は、基本プランでは先進医療の特約がついていません。安くてシンプルであるこの保険では、”じぶんへの保険プラス”とセットにすることで先進医療の補償と手術給付金の補償を付けることができます。 先進医療は宝くじなみに治療を受ける確率が低いことをきちんと説明してある、数少ない保険です。